Recruit

責任ある仕事の充実感とインフラ建設の達成感

安全と品質が絶対的に求められる現場。電力インフラを支える送電線建設のために働く多くの作業者の安全を守ることはTLC社員の重要な役割だ。

保有資格:1級土木施工管理技士
平成23年入社 内山 彰
内山 彰
施工班の工事品質と安全管理
現場の最高責任者は現場代理人で、その下に技術を受け持つ技術担当、安全面を統括する安全担当、資材を管理する資材担当と技術員が数名います。私はその技術員の立場で担当する施工班の工事品質と安全管理に従事しています。安全管理とはたとえば鉄塔などの上部で工事を行っている下に他の作業員が入らないようにするなど現場全体を見ながら気遣います。自分が作業するというより広い視野で現場を見て回ることが大切です。気を付けているのは現場が楽しくないと工事がうまく進まないので、いい雰囲気で仕事ができるようにすることです。手が空いている作業員さんには積極的に話しかけるようにするなどコミュニケーションをとるようにしていま す。
様々資格取得で身についた解決力
土木施工管理技士資格取得の動機は工事の管理に携わるのに必要だからです。入社3~4年目に2級をとり、その後、仕事の合間を見つけてさらに勉強して2年ほどで1級を取りました。資格を取ったことで現場管理へのかかわり方が変わりました。たとえばコンクリート打設ひとつにおいても打設高1.5m以下というルールがありますが、現場には一筋縄ではいかない様々な条件があるので、工夫が必要です。資格試験のために勉強したことで、作業員さんがしている作業が本当に適切かどうかを判断したり、基準やルールの意味を考えられるようになりました。現場で考えて解決策を見出す力がついたと思います。
人間関係の面白さが魅力
近々に1級電気工事施工管理技士をとろうと考えています。経験年数で1級を受験できるだけの条件をクリアしているので直接1級に挑戦します。将来は作業員さんを尊重しながら現場を進められるようになりたいと思います。当社の仕事は資材や人の配置などを自分で考えて進める充実感があり、携わった鉄塔がインフラとして何十年も役に立つという達成感も大きいです。高所作業など特殊な面もありますが、慣れてくれば気持ちの良い、思いやりのある人ばかりの職場で都会のオフィスでする仕事とは一味違う人間関係の面白さがあります。前向きに仕事に取り組める楽しい新人が来てくれることを期待しています。